不動産鑑定

不動産意見書(建物の経済的残存耐用年数)

弊社では、以下のような場面において「不動産意見書」を発行しています。

②収益物件の建物の経済的残存耐用年数に関する意見書

共同住宅等の収益物件を購入する場合、基本的には銀行の融資を活用することになります。
その融資は、建物の経済的耐用年数により融資期間が左右されます。
基本的には、法定耐用年数が使用されています。

しかし、建物も千差万別であり、維持管理が良い場合、資本的支出が行われている場合等は、それ以外の物件と比べて、経済的残存耐用年数は長くなるのが実情です

弊社では、経済的残存耐用年数に関する意見書を発行しています。
優良な収益物件について、「銀行融資」における融資期間を交渉する根拠として、ご活用ください。

士業の先生からのご相談は無料です

お問い合わせ

ご相談やお見積りをご依頼いただく場合は、お問い合わせフォームをご利用ください。
すでに様々な専門家が窓口となっている諸問題にも、連携・協働の上で解決に貢献させていただきます。

お問い合わせ
壱成不動産鑑定ロゴ

株式会社 壱成不動産鑑定

  • 愛知県知事(4)登録第312号
  • 併設 壱成土地家屋調査士事務所
  • 〒460-0008
  • 名古屋市中区栄二丁目13番1号 名古屋パークプレイス 8F
  • 地下鉄東山線「伏見駅」5番出口より徒歩5分
  • TEL 052-203-8222 / FAX 052-203-8221