不動産鑑定

担保提供

不動産は、売却せずとも資金調達に用いることができます。
担保として金融機関に提供し、融資を受けることができるからです。
ほとんどの場合、金融機関は独自の担保評価マニュアルを整備しており、それに基づいて担保を評価のうえ、融資金額や条件を決めます。
借入人側が不動産鑑定評価を取得しておくと、以下のようなメリットがあります。

1. どのくらい融資を受けられるかの予測がつく

金融機関に相談し、回答を貰えるまでは融資額の予想が全く付かないという状況では、適切な財務戦略を立てることも難しくなります。

2. 融資審査がスムーズになる

多忙な金融機関の担当者が、担保査定の資料を収集・確認するのは骨の折れる作業です。鑑定評価書を提出すれば、担当者の負担を軽減させ、ひいては迅速な回答を引き出すことにもつながります。

3. 金融機関との交渉材料になる

鑑定評価額だけで金融機関の判断を変えることはできませんが、価格査定の根拠となった要素(相場賃料や想定コストなど)について、金融機関の判断と相違があるのはどこで、どの程度折り合うことができるのか、分析することができるようになります。

士業の先生からのご相談は無料です

お問い合わせ

ご相談やお見積りをご依頼いただく場合は、お問い合わせフォームをご利用ください。
すでに様々な専門家が窓口となっている諸問題にも、連携・協働の上で解決に貢献させていただきます。

お問い合わせ
壱成不動産鑑定ロゴ

株式会社 壱成不動産鑑定

  • 愛知県知事(4)登録第312号
  • 併設 壱成土地家屋調査士事務所
  • 〒460-0008
  • 名古屋市中区栄二丁目13番1号 名古屋パークプレイス 8F
  • 地下鉄東山線「伏見駅」5番出口より徒歩5分
  • TEL 052-203-8222 / FAX 052-203-8221