不動産鑑定

現物出資

個人事業主が、保有不動産を現物出資して法人化する場合は多いです。
また、既に設立されている法人も、資本増強のために現物出資で不動産を受け入れることはよくあります。
しかし、現物出資された不動産が過大に評価されていた場合、既存株主や、取引先・債権者を害します。
また、過小評価されていた場合には、現物出資者が不利益を被ることになります。

この様な背景から、会社法上、現物出資は原則として、裁判所が選任した検査役の調査を受けなければなりません。

ただし、弁護士、公認会計士、税理士等が不動産鑑定士による不動産鑑定評価書を添付のうえ証明した場合等には、検査役の調査を省略できます(会社法33条10項三号)。

現実的には費用対効果の観点からこの方法がとられるのが一般的です。
「現物出資には不動産鑑定評価が必要」となります。

士業の先生からのご相談は無料です

お問い合わせ

ご相談やお見積りをご依頼いただく場合は、お問い合わせフォームをご利用ください。
すでに様々な専門家が窓口となっている諸問題にも、連携・協働の上で解決に貢献させていただきます。

お問い合わせ
壱成不動産鑑定ロゴ

株式会社 壱成不動産鑑定

  • 愛知県知事(4)登録第312号
  • 併設 壱成土地家屋調査士事務所
  • 〒460-0008
  • 名古屋市中区栄二丁目13番1号 名古屋パークプレイス 8F
  • 地下鉄東山線「伏見駅」5番出口より徒歩5分
  • TEL 052-203-8222 / FAX 052-203-8221